あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・ご相談はコチラから
9:00〜18:00 土日祝日応相談
静岡オフィス 055-983-6770
東京オフィス 03-6430-9450

文書作成日:2017/03/28

過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反

 厚生労働省は昨年11月に「過重労働解消キャンペーン」を実施し、労働基準監督署による重点監督などを進めていましたが、先月、この実施結果が取りまとめられ、公表されました。そこで、今回は、労働基準監督署の調査におけるポイントを理解するという意味から、この実施結果の内容を確認しておきましょう。

1.法令違反の状況と主な内容
 昨年の重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や、若者の「使い捨て」が疑われる事業場など、労働基準関係法令の違反が疑われる事業場に対して集中的に実施されました。その内容を見てみると、重点監督の実施対象となった7,014事業場のうち4,711事業場(全体の67.2%)において労働基準関係法令違反が指摘されました。その主な違反内容は以下のとおりとなっています。

1)違法な時間外労働があったもの

・違法な時間外労働があったもの: 2,773 事業場(39.5%)
 うち、時間外・休日労働(※)の実績がもっとも長い労働者の時間数が月80時間を超えるもの

月80時間を超える100時間以下のもの:560事業場
月100時間を超える150時間以下のもの:939事業場
月150時間を超える200時間以下のもの:205事業場
月200時間を超えるもの:52事業場
  ※法定労働時間を超える労働のほか、法定休日における労働も含む。

2)賃金不払残業があったもの:459 事業場(6.5%)
3)過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:728 事業場(10.4%)

2.労働時間の管理方法
 過重労働解消のためには始業・終業時刻を含む労働時間を適正に把握することが求められますが、その管理方法については、以下のような結果となっています。

・使用者が自ら現認:716事業場
・タイムカードを基礎:2,392事業場
・IC カード、ID カードを基礎:1,363事業場
・自己申告制:2,534事業場
・その他(出勤簿等):1,567事業場
 ※これらの結果には、監督対象事業場において、部署等によって異なる労働時間の管理方法を採用している場合があるため、重複がある。

 労働時間の把握については、平成29年1月20日に、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」が出され、より厳格な労働時間の把握が求められています。上記の結果では、自己申告制を利用している事業場が約3割となっていますが、この自己申告制は実態が記録されないことも多いことからサービス残業や過重労働が見過ごされてしまうことがあります。

 そのため、このガイドラインでは、入退場記録やパソコンの使用時間の記録など、事業場内にいた時間の分かるデータがある場合、自己申告により把握した労働時間と、これらのデータで把握できる事業場内にいた時間との間に著しい乖離が生じているときには、実態調査を実施し、所要の労働時間の補正をすることを求めています。

3.健康障害防止に係る指導状況
 最後に、健康障害防止に係る指導状況について見てみると、監督指導実施事業場のうち5,269事業場(75.1%)において、長時間労働を行った労働者に対する医師による面接指導等の過重労働による健康障害防止措置の実施が不十分であり、指導が行われています。また、前年度の件数を見てみると2,966事業場(59.2%)であったことから、労働基準監督署では企業に対して健康障害防止措置をより強く求めるようになっていることが想定されます。

 厚生労働省では今後も月80時間を超える残業が行われている事業場などに対する監督指導の徹底をはじめ、過重労働の解消に向けた取組を積極的に行うとしています。企業としては、改めて労働時間管理のあり方の見直しと生産性の高い業務の推進が求められます。

■参考リンク
厚生労働省 「平成28年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表」

 

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率の見直し2017/03/21
注目の勤務間インターバル制度を支援する助成金2017/03/14
2017年4月より企業単位で任意加入が可能となるパートタイマーへの社会保険の適用2017/03/07
時間外労働の前提となる36協定の締結と届出2017/02/28
平成29年1月から通勤災害の範囲が見直されました2017/02/21
4月より引き下げられる在職老齢年金の支給停止基準額2017/02/14
労働時間の把握において重要となる新ガイドライン2017/02/07
長時間労働が疑われる事業場の66.2%で法令違反2017/01/31
1月より実施されている小売業、社会福祉施設等に対する労働災害防止推進運動2017/01/24
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年間で最低水準に2017/01/17
大学卒業後3年以内で会社を辞める人は全体の31.9%2017/01/10
厚労省が実施した「過重労働解消相談ダイヤル」 相談の27.9%は家族からの相談2017/01/03
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2016/12/27
インターネットで企業の社会保険加入状況が検索できるようになりました2016/12/20
11月15日に来年の裁判員候補者に対する通知が発送されました2016/12/13
特定求職者雇用開発助成金に新設された「生活保護受給者等雇用開発コース」2016/12/06
来年1月から拡大される雇用保険の被保険者2016/11/29
定年を65歳以上としている企業の割合は全体の16.0%2016/11/22
届出漏れの多い従業員の住所変更届2016/11/15
補正予算の成立を受けて新設された65歳超雇用推進助成金2016/11/08
11月に労基署の重点監督を含む過重労働解消キャンペーンが実施されます2016/11/01
就業規則の届出を本社一括で行う方法2016/10/25
対応が必要となる来年1月に施行される改正育児・介護休業法2016/10/18
平成28年11月30日までに実施しなければならないストレスチェック2016/10/11
補正予算の成立を受けて見直しや新設が予定される雇用関係助成金2016/10/04
全国平均で25円の大幅な引上げ!地域別最低賃金の確認をお忘れなく2016/09/27
8月から支給率が引き上げられた介護休業給付2016/09/20
パートタイマーへの年次有給休暇付与時の注意点2016/09/13
ますます重要性が増している定期健康診断の実施2016/09/06
平成28年9月分から厚生年金保険の保険料率が変更になります2016/08/30
今後対応が必要となる有期契約労働者の無期転換ルールと活用したい助成金2016/08/23
建設業の社会保険未加入対策に向けて充実した相談体制2016/08/16
来月より厚生年金保険の資格取得時における本人確認事務が変更となります2016/08/09
登用が進む女性管理職2016/08/02
求められる熱中症予防対策2016/07/26
精神障害による労災請求件数が過去最多を更新2016/07/19
7月より国民年金保険料の納付猶予制度の対象範囲が広がりました2016/07/12
高止まりするセクハラ・マタハラの相談と今後求められる対策2016/07/05
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2016/06/28
減少する労働災害による死亡者数、死傷者数と労働局の対応2016/06/21
ハローワークを通じた障害者の就職件数が7年連続で過去最高に2016/06/14
一億総活躍社会の実現に向けて国が示した働き方改革の方向2016/06/07
従業員を解雇した場合の年次有給休暇の請求権2016/05/31
6月上旬より始まる協会けんぽによる被扶養者資格の再確認2016/05/24
従業員が自転車通勤をする際の注意点2016/05/17
今後施行される雇用保険制度の主な改正点2016/05/10
従業員の育児・介護と仕事の両立支援を後押しする60万円の助成金2016/05/03
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額は前年度より大幅に増加2016/04/26
今年度の地方労働行政運営方針が策定されました2016/04/19
4月より始まった「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン2016/04/12
平成28年度の雇用保険料率は引下げに2016/04/05
お問い合わせフォーム
事業案内
  • 社内整備や上場したい
  • 給与計算や手続を外注したい
  • 人事労務問題を相談したい
  • リスク対策を強化したい
  • 社員教育を充実させたい
  • 助成金の相談・申請をしたい
  • 年金相談・申請をしたい
  • その他業務はこちら
あおば社会保険労務士法人は専門サポートをご用意しております
ページのTOPへ